大学院生がプログラミングとブログを駆使して稼ぐ方法を解説していくブログです

カレイドブログ

プログラミング 独学Udemy

英語字幕しかない講座を日本語字幕にして勉強する方法を解説する【Udemyセールとおすすめ講座】

更新日:

こんにちはカレイドです。

 

僕はプログラミングの勉強にUdemyを使っています。でも、

 

カレイド
日本語の講座って思ったより少ないな....

 

カレイド
ぶっちゃけ日本語より英語のほうが中身充実しているし、英語さえわかれば英語の講座使ってみたい。でも英語字幕はさすがにきついかな....

 

もし、Udemyの英語講座を日本語で勉強することが出来るなら、独学プレイヤーなら絶対にUdemyがオススメです。

 

Udemyでいろいろな講座を見てみる。

 

なぜならプログラミングは世界中で使われており、世界のTopが余すことなくその技術を教えてくれます

 

そして、私が見る限り英語の講座のほうが圧倒的に質がいい

 

というわけで、今回は英語字幕しかついていない講座を日本語字幕に変換して勉強する方法を解説します。

 

3分あれば実行できます。

 

 

ちなみにおすすめ講座についてはかなり長くなってしまったのでこちらからどうぞ!

【Udemy】30講座以上取った筆者がおすすめ英語講座と勉強法を解説してみる.

 

また、Udemyは30日以内であれば購入した講座の返金が可能です。

おまけに1講座1400円ほどですから、本1冊分ぐらいにしかなりません。

なので気軽にまずはトライしていただければと思います。

 

 

 

ステップ1, Googleの拡張機能に翻訳機能を付け加えよう(既存の物はダメです。)

 

Udemyの英語字幕に既存のGoogle翻訳をつけようとしてもうまく効かないんですよね。(右クリックして日本語に翻訳するは利きません

 

最初は翻訳できているように見えるのですが、途中からできなくなってしまう。ずっとこれに悩まされて断念しようかと思いました。

そこでいろいろ検索をしてできないか調べていたところ何やら拡張機能にもGoogleが出している別の翻訳機能があるみたい。

そこでこれを利用してみるとうまく行くんです

 

というわけで早速解説します。

 

まずは下のリンクへ飛んでください

 

Google拡張機能を追加する

 

これで拡張機能としてのGoogle翻訳を手に入れられました。次はこれをUdemyの講座に適用していきましょう。

 

ステップ2,Udemyの英語講座を日本語字幕に変換しよう!

 

まずはUdemyの講座にアクセスしてもらいます。

 

 

 

字幕を表示させる。

右上にグーグル翻訳のアイコンがあると思うのでそれをクリックしてこのページを翻訳をクリックすると完了です。本来英語字幕の物を動画に合わせてしっかり流れてくるのを確認できると思います。

ちなみに英語の内容はトランスクリプションというところをクリックするとすべて確認することが出来ます。

 

 

[2019/09/03 追記] 日本語の変換が最初しかされない場合

先日お問い合わせにて、翻訳を押したけれど最初の字幕文にしか日本語訳が適用されないとご連絡をいただきました。

 

実は私も以前なったことがあるのですが、ブラウザを閉じて再度字幕設定。もしくは再起動など、何度かトライしていただくのが一番かと思います。私も具体的な解決策を知らなくて申し訳ないのですが、このお問い合わせの時点で自分の方で試したところでは特に影響はありませんでした。

 

なので、おそらく個人環境によって意図せず発生してしまうものだと思います。ですから、何度かお試ししていただければと思います。

 

Udemy英語字幕を使って勉強するメリット3つ紹介します。

 

ここまでで英語字幕講座を日本語字幕で見る方法について解説しました。

 

それだけではやっぱりまだ使うか悩む方もいるかと思うので私なりにこの勉強法が優れている点について解説します。

 

この方法で勉強するメリットは3つあるかなと思います。

 

最低限の英語に慣れることができる

 

やはりプログラミング言語は基本英語です。Rubyは日本人に開発されていますがだいぶ下火になってきていますね。

 

字幕は日本語ですが、音声は英語のままなので英単語の発音を聞くことになります。また、使われている命名法だったりもより優れているものになるのでおすすめです。

 

そして、英語のドキュメント等を調べる際はやはり英語になりますが中身自体はGoogle翻訳にかけることが出来ます。

ただ、実際に日本語に翻訳しても初めてだとうまく理解するのはなかなか難しいと思います。

 

同じようにUdemyの方でも英語を日本語に翻訳しているので英語全てできなくても自分でふんわり理解してさらに調べるといういいサイクルが生まれます。

 

つまりいずれ英語のドキュメントを使って調べごとをするときの壁を先に経験出来てしまうということです。

 

自分で調べるスキルが身につく

 

そうです。英語字幕⇒日本語はやはり完全ではないということです。

 

もちろん大部分は理解できますが中には難しい部分がどうしても出てきます。でもそこって私が思うに自分が日本語で仮に勉強をしても悩む場所である。

 

そういう時にエンジニアとして必須のスキルはggrksですよね。英語講座を勉強しているとあと一歩で理解できるのにって部分がかなり出てきます。

 

カレイド
最初は大変だったけど段々慣れてくるし、質がいいから日本語で学ぶよりも成長速度がすごい!

 

日本語講座だとわかって当たり前感がでて調べる癖が中々つかない人がいるのですが、

英語だとそうはいきません。自分で調べ自分なりに理解する力が必須になり、そういう意味でメリットになります。

 

 

日本の講座よりやっている内容が高度

日本語の講座が悪いわけではないですが、やはり界のプログラミングはもっと進んでいて沢山のプロの人がいます。

 

なので講座の中級編なんかはかなりレベルが高いものになっています。

 

たぶん内容を見たらわかると思いますが十分に講座を受ける価値があると思いますよ。

 

ちなみに筆者はプログラミングを2月から勉強し始めて7月現在で長期インターン卒業まで働く内定を二つ頂くことができました。

 

やったのはUdemyの講座と無料の物少しだけです。なのでUdemyを最大限に活用するだけで大きな効果が得られること間違いなしです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

以外簡単にできたかと思います。Udemyでこれから勉強しようとしている方はためしに英語講座で勉強してみることをお勧めします。

 

ちなみに私の受講しているコースの半分近くは英語になりつつありますが、ほとんど不便を感じたことはないです。日本語の講座を買って え?こんなことしか教えてくれないのってなるよりは

遥にいい勉強法なのでぜひ試してみてください!

 

再三になりますが、こちらでおすすめの講座については解説しているので興味があれば見てみてください

【Udemy】30講座以上取った筆者がおすすめ英語講座と勉強法を解説してみる.

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

カレイド

1994年生まれ。埼玉出身→20卒で最短で外資ITへ内定し来年4月入社予定です。 4ヶ月本気でプログラミングを独学し、オリジナルアプリManehabiをリリース。独学プログラミングの進めや、自分の就活時代の攻略法や学びについてまとめています。

-プログラミング, 独学Udemy

Copyright © カレイドブログ, 2019~2019 All Rights Reserved